--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
14:18:00
22

LAVENHAM (ラベンハム) O'NEIL of DUBLIN(オニール オブ ダブリン) DANSKO(ダンスコ)

ラベン 

ラベン
■LAVENHAM/ラベンハム/CRAYDON/¥29,400
ラベン
■O'NEIL of DUBLIN/オニール オブ ダブリン/ティアード スカート ¥15,540
ラベン
■DANSKO/ダンスコ/Ingrid/¥21,000

保温性と快適さを備えつつ永く愛着をもって使えるものが多いイギリスのブランド。
そんな伝統的な職人の手によって作られているブランドを紹介します。

【LAVENHAM/ラヴェンハム】
1969年、ロンドン北東部SUFFOLK州の小さな村、ラヴェンハムで設立。
エリザベス女王に仕える女官であった Mrs.Elliotが、ある時キルティング加工をした生地を使い
女王の乗られる馬用の毛布(ホース・ブランケット)を作る事を思い付き、開発。
そのキルティングを使ったキルティングジャケットが、今でも、ラヴェンハムのアイコン
となっている。
最近では、A.P.C.やグッチなど著名ブランドのキルティングも手掛け、現在ラヴェンハム
の乗馬用ブランケットは英国王室とベルギー王室でも使用されている。

【O'NEIL of DUBLIN/オニール オブ ダブリン】
1850年代から150年もの永い間にわたり、首都ダブリンにて古き良きダブリンの伝統に
基づき、アイルランドの民族衣装であるキルト製品を手掛けている名門ファクトリーです。
現在も多くの職人達の手によって丁寧に作られています。
伝統を大切にし織り上げる製品達は、流行にとらわれないトラディショナルさが魅力です。

「Gouache fukuoka Facebook」はこちらから
Gouache ガッシュ
福岡市中央区今泉1-19-8 092-791-7555 open11:00-close20:00
関連記事

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。